未分類」カテゴリーアーカイブ

介護施設で新しい仲間と共に歩む

こんにちは。音楽療法士の田邊です。今日は、介護施設で新入職員が入職した2人が、新しく配属先で働くことになりました。彼らは、私たちのチームに加わってくれることになりました。私たちは、音楽を通して高齢者の方々の心と体の健康をサポートする仕事をしています。

入職後しばらくして、2人はセントポーリア愛の郷の玄関の前に咲いている藤の花に目を奪われました。藤は、春の訪れを告げる花です。淡い紫色の花びらが風に揺れて、とてもきれいです。私も、毎年この季節になると、この藤の花を見て癒されます。

新入職員の1人は、音楽療法に興味があると言っていました。音楽療法とは、音楽を使って心理的・身体的・社会的な問題を解決するための治療法です。音楽療法では、歌ったり楽器を演奏したりリズム運動をしたりします。音楽は、言葉では表現できない感情や思い出を呼び起こすことができます。また、音楽は、人と人とのコミュニケーションや関係性を深めることができます。

私は、セントポーリア愛の郷で6年間この仕事をしてきましたが、まだまだ学ぶことがたくさんあります。音楽療法は、個人差や状況に応じて適切な方法を選択する必要があります。そのためには、高齢者の方々のニーズや特性を理解することが大切です。私は、日々の活動や観察を通して、高齢者の方々と信頼関係を築いています。

新入職員の彼らにも、私たちセントポーリア愛の郷の一員として活躍してほしいと思います。これからも音楽療法に関して知ってもらうだけでなく、介護職員として高齢者の方々と心から向き合う姿勢も大切にしてほしいと思います。私も、彼らにできるだけサポートしていきたいと思います。

これからも、音楽療法士として精進していきます。最後までお読みいただきありがとうございました。

3月のイベントは何でしょう?そして新しい取り組みもはじまりました!

こんにちは。セントポーリア愛の郷 音楽療法士の松永です。

3月にはいると段々あたたかくなり、春らしくなってきましたね。

職員よりうぐいすが鳴いていますと聞き、外出時に耳をすましてみましたが

なかなか鳴いてくれず、、、

まだかなぁと思っていると、3月6日の朝にはじめて「ホーホケキョ」と

声をききました!

個人の音楽療法の際に、「今日、うぐいすの声を聞きましたよ。」と話すと

「え、そうなの。」と驚かれ一緒に『春が来た』を歌いました。

「春だな、と感じる時はどんな時ですか?」と尋ねると

「そうやね。ぽかぽかしてきた時かな。春が一番好きです。」と

言われていました。

春は、お花もたくさん咲いて私も好きですが、花粉症の人は大変な季節が

やってきましたね、、、、

ニュースで、10年に一度レベルの花粉の大量飛散となり量は去年の12倍と

ききました((+_+))

お花と言えば、先日梅をみにいってきましたが、赤、白、ピンクと

色とりどりのお花が咲いていましたよ。

白梅

佐橋紅

栄冠

 

ショートご利用のお迎えの際、「梅が満開でしたよ。」と話すと

「梅は咲いたか~桜はまだかいな♪」と歌われ、「いい声ですね。」と

言うと「ははは。そうかな。」と一緒に笑いました。

 

先日、たまたまチラシをみていると春の訪れについての記事がのっていました。

梅・桃・桜はいずれもバラ科の植物で、花びらは同じ5枚。

見分け方は「花びらの先端の形」ですが、わかりにく場合は

軸も参考にしたらいいそうです。

わかりやすいのをみつけました!

梅・桃・桜の見分け方

今まで意識してみたことがありませんでしたが、これからは軸にも

注目したいと思います。

そして開花時期は

梅は1月下旬~4月下旬ですが、品種が500種以上あるといわれており、代表的な紅梅と白梅だけ

でも1か月ほど開花時期が異なるものもあるそうです。

確かに、私が梅をみにいった時も、しだれ梅は少ししか咲いていませんでした。

桃は、3月中旬〜4月下旬ですが、桃が先に開花することがあったり、寒暖差や地域差によっては

開花時期がほぼ重なることもあるそうです。

桜は、3月中旬〜5月上旬で、例年最も早く開花する沖縄は、なんと冬に咲き始めるそうです。

本州や九州などの気候が温暖な地域は、3月中旬頃から開花が始まり、

春が遅れてやってくる北海道は、最後に開花するそうです。

基本的には、梅が咲いて次に桃が咲いて、桜が咲くようですが

地域や種類によってもさまざまなんですね。

 

桃の木といえば、『春よ来い』という歌の2番に

(おうちの前の桃の木の つぼみもみんなふくらんで~♪)

という歌詞があります。

音楽療法の際に、「桃の木をみたことがありますか?」と

たずねると「家の庭に咲いてたよ。近くの家にあったよ。」など

皆さん身近にみておられたと聞きました。

梅や桜はよく目にしますが、そういえば桃の木をちゃんとみたことがないなと思い、

「どんな花ですか?」とたずねると「濃いピンクで、花の後に桃がなっておいしいよ。」と

教えてくださいました。

「桃栗3年!」と言うと、声をそろえて「柿8年!」と返事がかえって

きました。

家の近くの花屋さんにも桃の木がきれいに飾っていました。

「あ!これが桃の木なのね。」近くでじっくりみたのははじめてでしたが

濃いピンクで花びらもとってもかわいいですね(^^)/

桃の木

『うれしいひな祭り』の歌詞の中にも、

(あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花)とありますよね。

セントポーリア愛の郷の玄関にも、お雛様が飾られました。

玄関入って左側には、かわいらしいお顔のお雛様!

お雛様

玄関はいって正面には、お内裏様とお雛様が!

お内裏様とお雛様

フロアにもお雛様が飾られたり、

 

かわいい飾りつけがされています。

お雛様の飾り

 

セントポーリア愛の郷では、3月3日にひな祭り会が開催されました!

ひな祭り会の昼食は、ちらし寿司でした!

ひな祭りの昼食

午後からは各ブロックで、趣向を凝らしたイベントが行われ

人間雛や顔出しパネル記念撮影、酒粕パウンドケーキ作りや甘酒のいい香りも漂い、

皆さんの笑顔があふれていましたよ。

お雛様に変身

顔出しパネル

お内裏様とお雛様と記念撮影

酒粕パウンドケーキ作り

おやつもおいしそうでしたよ。

ひな祭り会のおやつ

ひな祭り会の動画をYouTubeにアップしていますのでご覧ください(^^)/

 

 

そして、3月6日にはご入居者によるコンサートがありました!

フラダンスやコーラスをやっていた方、珍しいさざなみドラムという楽器を使っての

即興演奏など、音楽療法士と一緒に披露させていただきました。

出演者は、お化粧やマニキュアをされ、コサージュやスカーフ、フラダンスの衣装も

とても素敵でした。職員協力のもと、心温まるコンサートとなりました。

フラダンス

歌唱

さざなみドラムの即興演奏

コンサートで使用したさざなみドラムという楽器ですが、

金属製の音階打楽器で、ヒーリングミュージックにも

使われています。

バチで一つの音を叩くと倍音とよばれる複数の音が聞こえ、

包み込まれているような不思議な気持ちになります。

音楽療法のセッションでも、取り入れており「この辺を叩くのかな。いい音やね。」

と皆さん興味深々でしたよ(笑)

YouTubeに動画をあげていますので、よかったら音色を聞いてみてくださいね。

 

そして3月10日には、にぎわい喫茶があり音楽療法士によるコンサートを

させていただきました。

今回はじめて大正琴に挑戦し、『さくら』『春よ来い』(松任谷由実)を演奏させて

いただきました。「私も歌いたい!」「弾いてみたい!」と飛び入り参加もあり、

とても盛り上がりましたよ。

岸壁の母

大正琴

にぎわい喫茶コンサート

 

春のレクリエーション動画も作成しましたので、よかったら一緒に歌ってみて

くださいね♪

 

そして、この度セントポーリア愛の郷では、介護記録の音声システムの運用が

はじまりました!音声入力ではその時に得た情報をリアルタイムで入力

することができ、ヘッドセットで職員同士の連携もよりスムーズに行える

ようになりました。業務の効率化が高まり、ご入居者・ご利用者との時間が

より確保できるようになるため、これまで以上に質の高い介護の提供が

期待されます!

介護記録音声入力システム

介護記録音声入力システム

ヘッドセット装着

 

そして、高校や専門学校で出前授業をウェブなどでもさせていただいています。

今回は、ちょっとしたご縁から兵庫県立龍野高等学校のウェブ授業で前田管理栄士が

講義をさせていただきました。

学校の課題研究で生徒より、嚥下状態が低下している方でも食事を楽しみ、

おいしいものを食べてほしい、自分たちで嚥下食を開発したいという熱いメッセージが

届きました。

そのために、高齢者施設の食事や嚥下食品の特徴、管理栄養士の仕事について

ききたいとのことでした。

その後も、生徒が作成したレシピの試作へのアドバイスを行い、

実際に考案したメニューの試食などもさせていただきました。

その後、御礼のお手紙をいただきましたので一部紹介させていただきます。

(この度は、理事長様をはじめ皆様のご協力のおかげで、完成度の高いオリジナルレシピを

完成させることができました。特に、前田様の高齢者の食事についての講義を受け、

更に高齢者向け嚥下食品の開発の研究を深化させることができました。)

これからも介護の裾野を広げるため、スタッフ一同様々なことに挑戦し

がんばって参ります(^^)/

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

セントポーリア愛の郷YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCAPCxCmKRjSiFdsUHlrEohA

施設情報はコチラ→ https://ryokuhokai.com/

採用情報はコチラ→ https://ryokuhokai-rec.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一月往ぬる、二月逃げる、三月去る!

こんにちは。セントポーリア愛の郷 音楽療法士の松永です。

「一月往ぬる、二月逃げる、三月去る」といいますが、

1月、2月、3月はほんとにはやいですね。

先日の音楽療法セッションでも、ご入居者ご利用者の方に

「1月は往ぬる。2月は~」と言うと皆さん声をそろえて、

「逃げる!3月は去る!」といわれていました。

お正月から三月までは行事が多く、あっという間に過ぎてしまうことを、

調子よくいったものだそうです。

2月の行事といえば節分ですよね!

改めて調べてみると、

節分はなんと年に4回あることがわかりました!しりませんでした。

季節の変わり目を表す「立春」「立夏」「立秋」「立冬」それぞれの前日の4回が

節分となり「季節を分ける」という意味だそうです。

なるほど、よくよく考えてみるとその通りですね。

節分では炒った豆を撒いて鬼(邪気)を払い、年齢の数だけ豆を食べることで一年を健康に

過ごせるといわれていますが、豆まきは、昔中国から伝わってきた風習だそうです。

小さい頃は「もっと豆が食べたい。」と言っていたのが懐かしいです(笑)

なぜ立春の節分だげが現在残ったのかというと、、、

旧暦では春から1年が始まるとされていたので、今では節分=「春の節分」が大切とされ

認識が広まったようです。

元々は平安時代に宮中行事として、大晦日に行われていたそうですよ!

 

セントポーリア愛の郷では、2月3日に節分会を行い

職員扮する鬼に向かって新聞で作った手作りボールを投げて、無病息災を願いました。

お面をかぶっていると怖くみえますが、中は素敵な職員さんですよ!

豆まきの様子はこんな感じでした。

「あたったら痛いから。」と鬼には投げずに後ろに

投げておられる方もいらっしゃいましたよ。

豆まきの様子1

豆まきの様子2

 

そして、エントランスに鬼が集まり集合写真!!

かわいい女子職員もいますよ(^^♪

鬼たち

昼⾷は節分献⽴で、イワシやお寿司等を召し上がっていただきました。

節分の行事食

毎月の行事のごちそうを私も楽しみにしており、ご入居者さんと「今日のお昼ご飯は

何かな?楽しみやね。」といつも話していますよ。

豆まきの様子をYouTubeにアップしていますので、よかったらご覧ください。

 

そして2月といえばもうひとつ大きなイベントがあります♡

バレンタインデーですよね。皆さんは、チョコレートあげましたか?

女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本独自のものだそうで

ヨーロッパでは、「愛の日」として花やケーキ、カードなどを贈るそうですよ。

バレンタインデー

2 ⽉ 10 ⽇に行われたにぎわい喫茶では、バレンタインにちなんで

おいしそうなチョコレートが!!

皆さん、「どれにしようかなぁ」と思わず笑顔がこぼれていました。

そして、おいしいチョコレートを食べながら⾳楽療法⼠による⽣演奏を

お楽しみいただきました(^^♪

今回はいつもの童謡や唱歌から趣向を変え、『カントリーロード』『人生の扉』『時代』

『サン・トワ・マミー』を演奏をしました。

喫茶にぴったりのお洒落な雰囲気で、⾃然に⼿拍⼦が起こり盛り上がりました。

ミニコンサート

ミニコンサートの中で演奏した『人生の扉』という曲ですが、皆さんご存じですか?

実は、私は聞いたことがなかったのですが、先日ショートステイでご利用の方より

とてもいい曲なので歌いたいと希望があり、聞いてみました。

とても心にしみて、時代ごとの自分の思い出をふりかえりながら、なんともいえない

ゆったりとした気持ちになりました。

さっそくショートご利用時に、大坪主幹と一緒に練習をしました。

歌詞の歌いまわしが難しい箇所もありますが、何度も練習され

上手く歌いたいという気持ちが伝わってきました。

 

せっかくですので『人生の扉』の歌詞の中で、私が好きなところを

紹介させていただきます。

(満開の桜や 色づく山の紅葉を 

この先いったい何度 見ることになるだろう

ひとつひとつ 人生の扉を開けては感じるその重さ

ひとりひとり 愛する人たちのために生きてゆきたいよ、、、)

の部分です。

春にピッタリの曲ではないかと思いますので、よかったら一度

聞いてみてください。

まだまだ肌寒い日もありますが、ふと木々をみてみると

段々つぼみがふくらんできています。暦の上ではもう春ですもんね。

 

先日、大正琴をいただいたので春の曲を演奏出来たらと思い、

はじめて触ったのですが、がんばって練習しました

音楽療法士3人で、松任谷由実さんの『春よ来い』のアレンジを考えました。

大正琴の音色が、春にとっても似合うなぁとしみじみ思いました。

少しでも春を感じていただけたらと思います(^▽^)/

そしてもう一つは、セッション風に演奏してみました(^▽^)/

歌詞もいれてますので、よかったら一緒に歌ってくださいね。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに♪

 

セントポーリア愛の郷YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCAPCxCmKRjSiFdsUHlrEohA

施設情報はコチラ→ https://ryokuhokai.com/

採用情報はコチラ→ https://ryokuhokai-rec.com/

 

 

今年も冬がやってきました!来年もよろしくお願いします。

こんにちは。セントポーリア愛の郷 音楽療法士の松永です。

12月に入ったとたんに寒くなりましたね。

12月1日の朝のニュースで、兵庫県養父市の氷ノ山、滋賀県大津市の比良山に初冠雪が

みられたと言われていました。初冠雪ってどういう意味かな?と調べてみると

初雪は、初めて雪やみぞれが降った時。初冠雪は、山のふもとから見て山頂に雪がつもっている

のを確認できた時とありました。なるほど。なるほど。

12月3日の朝、家の玄関を出ると肌を刺すような寒さがおそってきました。

車についている外気温度計をみると、施設の近くでは3℃になっており

ショートのお迎えの車のフロントガラスも凍っていました。

 

寒くなると、静電気がバチバチとくることがありますが皆さんはいかがでしょうか?

友人からドアノブなどを触る前に壁に手をあてて電気を流すとバチバチこないと

聞いたので、はじめのうちは実行していたのですがうっかりドアノブを

握った時に限って静電気がはしり雄たけびをあげることがありました(;^ω^)

そんなことを思い出していたら、ちょうど先日の朝のニュースで『なぜ静電気はおこるのか』が

紹介されていました。

なんと静電気は空気の乾燥と衣類の組み合わせでおこるそうです。

もう少し調べてみると

静電気は、マイナスとプラスの電気を帯びた素材がぶつかった時に起り、

素材によって帯電する電気が違うことがわかりました。

マイナスを帯電しやすい服をみてみると、ポリエステル、アセテート、麻、綿

プラスの帯電しやすい服は、絹、レーヨン、ウーン、ナイロンなど。

例えばポリエステル×ナイロン、アクリル×ウールは静電気がおこりやすいそうです。

今まで服の素材の組み合わせまで考えたことがなかったので衝撃でした!

そもそもどの素材も同じ量のプラスマイナスの電気を含んでいて

異なる素材の服がこすれると電気が移動し、プラスかマイナスどちらかの電気が

強くなってバチバチとなるそうです。おそろしい((+_+))

寒くなってくるとスカートにタイツ、シャツとセーターのように

重ね着をすることがありますが、素材にも気をつけて寒さ対策を

することも大事ですね。

また先日友人に、髪の毛にぬる静電気防止オイルをいただきました。

これを朝髪につけておくと1日静電気がおこらなかったそうです。

色んなアイテムがあるんですね。

 

さて12月といえばクリスマスですよね。

玄関に飾るクリスマスツリーの飾りつけをご入居者ご利用者の皆様と一緒にしました。

クリスマスツリーの飾りつけ

クリスマスツリーの飾りつけ

飾りつけをしていると、いよいよ冬がやってきたなぁと感じます。

クリスマスツリー

クリスマスツリーの完成です!!足元には雪だるまやプレゼントもかくれていますよ(^▽^)/

大きくてとても存在感があり、廊下を歩いていると

「わーすごいね。立派なツリーやね。」とご入居者、ご利用者、面会に来られた

ご家族からも聞かれていました。

 

そして12月10日に毎年恒例の餅つき大会が開催されました。

餅つき大会

理事長、職員と一緒に「よいしょ。よいしょ。」と蒸したてのもち米を

つき、「今年のお餅はよくのびるね。」という声も聞こえてきましたよ。

餅つき大会の様子をYouTubeにアップしていますのでよかったらご覧ください。

つきたてのお餅を職員で丸めました。

つきたての丸餅

前田管理栄養士の「来年もねばり強くがんばりましょう!」との掛け声で

年末に欠かせない行事が幕をとじました!

 

そしてフロアの行事としては

12月15日に『だぶとスコップケーキ作り』がありました。

何をつくるんですか?と前田管理栄養士にたずねると「だぶよ。」と言われ

「えっ?だぶ!」と聞き間違えかと思いもう一度聞いてしまいました(;^ω^)

だぶとは佐賀県の郷土料理の汁物です。

もう少し調べてみると

佐賀県から福岡県にまたがって伝承されており、鶏肉と季節の野菜を入れ

煮くずれしやすい食材は使わずに、水をたくさん入れて「ざぶざぶ」に仕上げることから、

“ざぶ”がなまって「だぶ」と呼ばれるようになったそうです。

出来上がりはこんな感じでした!

だぶとスコップケーキ

セントポーリア愛の郷では、毎月メニューに郷土料理が

でます。

今月は香川県のしっぽくうどんです。

しっぽくうどん

しっぽくうどんは、吹く風が冷たくなり始める秋口から冬にかけてのうどんの

食べ方だそうで、讃岐の冬の代表的な郷土料理だそうです。

香川県といえばやっぱりうどんですよね。

私も昔、職場の先輩と香川県の1日うどんツアーをしたことを

思い出します。

釜揚げや釜玉、生醤油、またセルフサービスでネギを刻むところや、

製麺所でも食べました。また麺の太さも様々で8件程まわったと

思います。なんと1日で2キロ太っており、そのうち戻ると思っていたら

そのまま2キロ太ってしまいました(笑)

うどんってほんと美味しいですよね。ツルっと食べてしまったのです。

 

そして12月20日にはシフォンケーキ作りがありました。

今回はクリスマスも近いので、シフォンケーキでクリスマスの飾りつけを

しました。

クリスマスのシフォンケーキ

大きなイチゴがのってますね!!

サンタやトナカイの飾りもついてとってもかわいいです。

 

12月25日にはクリスマス会が開催されました。

昼食にはサイコロステーキにエビフライと豪華なクリスマス料理が

振る舞われました。

クリスマス料理

そしてお食事の後には、ハンドベル演奏やクリスマスソングを

披露しました!

演奏していると「ありがとうね。うれしいわ。」と拍手をしながら

笑顔で声をかけてくださるご入居者もいらっしゃいました。

クリスマスコンサート

クリスマス会の模様はまた来月にご紹介させていただきますので

お楽しみに(^^♪

 

今年も一年ありがとうございました。

皆様、よいお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

セントポーリア愛の郷YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCAPCxCmKRjSiFdsUHlrEohA

施設情報はコチラ→ https://ryokuhokai.com/

採用情報はコチラ→ https://ryokuhokai-rec.com/

 

秋のレクリエーション動画が完成!一緒に歌ってみませんか?

皆さん、こんにちは。

セントポーリア愛の郷 音楽療法士の松永です。

日が暮れるのがはやくなり、段々と寒くなってきたせいか、

くっきりと月がみえるような気がします。

満月

今年の中秋の名月は、9月10日でしたが

お月見はされましたか?

スーパーに買い物に行った際にお月見だんごをみると

「あ、今日はお月見なのね。」といそいそとおだんごを

買ったりします(笑)

中秋の名月について調べてみると、太陽暦に基づいて決まるそうで、

毎年日付が変わり、基本的には9月~10月の間だそうです。

「今日は中秋の名月。とってもきれいな満月だな。」と思っていましたが、

なんと中秋の名月が満月とはかぎらないということを知りました!!

今年はちょうど満月と重なった年でした(^▽^)/

そして十五夜は毎月来るもので、中秋の名月は年に一回だけ

という違いがあるそうです。

ブログをかくようになってから、疑問に思ったことを調べる

ようになりとても勉強になります。

 

満月といえば、月下美人という花をご存じですか?

月下美人は満月の時に咲くと聞いたことがありますが、

実は迷信だったそうです、、、

子供の頃、祖母の知り合いより「月下美人が咲いたから今から

みせに行くね。」と電話があり「月下美人てなに?」と祖父に

尋ねると「1年に1晩、数時間だけ咲くきれいな花だよ。」と

教えてくれました。「夜の数時間だけなんて、、、」

そうこうしていると、月下美人の花をみせに来られ、

「すごーい。こんな花みたことない。」と

感動したことを覚えています。貴重な鉢植えを1ついただき

毎年この時期になると、祖父が「つぼみがだいぶ膨らんできたから

明日の晩ぐらいに咲くかな。」と教えてくれて家族でみていました。

あまりわかっていなかったのですが、月下美人を育てるのは難しいようで

3年前に祖父が亡くなってからは、母の妹が育てています。

私は昔からよくお花を枯らしてしまって、、、

どうやら水のあげすぎのようなんですが(;^_^A

こんなお花です。

月下美人

「今年も咲いたよ。」と写真を送ってくれました。

今年は、たまたま満月の夜に月下美人が咲きましたよ。

ショートステイのご利用者に「月下美人みたことありますか?」と

尋ねると「みたことないけど聞いたことあるわ。」と言われ、

お花が好きで生け花をずっと習っていたことを話してください

ました。なんともいえない神秘的なお花です。

 

さて、先日秋のレクリエーションDVDを音楽療法士3名で作成しました。

収録した日は風が強く、敷地内のどんぐりの木からコロコロとどんぐりが

落ちており田邊音楽療法士が拾ってきてくれました。

これがほんとの『どんぐりころころ』です(笑)

先日、ご入居者と敷地内を散歩した際にも、どんぐりがたくさん

落ちており、「ほら、みて。どんぐりいっぱい落ちてる。」

と教えてくださいました。青いどんぐりもありましたよ。

拾っていると、「どんぐりころころ どんぶりこ~♪」と

歌いだされ、2番も覚えておられ一緒に歌いました。

「2番もばっちりですね。」と言うと「あはは。よう歌ったからな。」

と言われていました。

小さい頃、よく『どんぐりころころ』を歌っていましたが、

「どんぐりころころ どんぐりこ」だと思っていました。

大人になってから、「どんぐりころころ どんぶりこ」が

正解だと知り、びっくりしました。

この話をすると、だいたいの人が私もそう思ってたよと話に

花が咲きましたが、皆さんはどうでしたか?

確かに意味を改めて考えてみると、どんぐりがころころと転がって池に

どんぶりことはまって大変という歌詞なんですが、どうしてか

どんぐりころころとくるとどんぐりこと今でも意識しないと

歌ってしまいます(笑)

改めて歌詞をのせておきますね。

『どんぐりころころ』

1.どんぐりころころ どんぶりこ

お池にはまって さあ大変

どじょうが出て来て こんにちは

坊ちゃん一緒に 遊びましょう

2.どんぐりころころ よろこんで

しばらく一緒に 遊んだが

やっぱりお山が 恋しいと

泣いてはどじょうを 困らせた

2番まで歌えましたか?(^▽^)/

作成したDVDでは、手指体操を『どんぐりころころ』を歌いながら

行っています。

 

どんぐり

 

YouTubeにも動画をあげています。歌詞もでてきますのでよかったら

一緒に歌ってみてください♪

 

今回は、ちょっと遊び心を所々に取り入れ、たぬきになったりしています(笑)

私の知り合いもYouTube登録してくださり、動画の中でおもしろ探しをしていると

聞きました。今回も楽しんでいただけると嬉しいです(^▽^)/

 

そして、10月13日(木)は施設の3階テラスで毎年恒例のサツマイモ掘りを

しました。お天気にも恵まれぽかぽか陽気で「日向ぼっこもできるな。

あったかいわ。」と喜ばれていました。ショートのご利用者も参加され、

一生懸命土を掘りおこしサツマイモがでてくると、車いすから立ち上がる

方もいらっしゃいました。

「わー。」と声が聞こえてきて、振り返ってみるとお顔ぐらいの大きなサツマイモが

とれました!!

皆さんの笑顔が太陽の日差しのように眩しくいきいきとしていました。

サツマイモ掘りの様子をYouTubeにあげていますので、よかったら

ご覧ください。

 

 

そして、10月23日には秋祭り会が開催されました。

今回は、なんと初のダンスに挑戦することになりました。

振り付けを覚えたと思っていても、数日たつとまたあれれれ、、、と

途中あやしい箇所がいくつもでてきたりしていました。

そして運動不足により練習で踊った翌日は太ももが筋肉痛になって

いました(笑)

詳しくは、次回に掲載しようと思いますのでお楽しみに!!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^▽^)/

 

セントポーリア愛の郷YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCAPCxCmKRjSiFdsUHlrEohA

施設情報はコチラ→ https://ryokuhokai.com/

採用情報はコチラ→ https://ryokuhokai-rec.com/

 

 

 

 

知ってますか?そうめん流しと流しそうめんの違い

こんにちは。セントポーリア愛の郷 音楽療法士の松永です。

だいぶ涼しくなってきましたが、少し前までは日中は夏に逆戻りのような

日差しが照りつける日々も続いていましたね。

秋の虫たちも混乱していたかもしれません、、、

 

さて、皆さんはこの夏そうめんを食べましたか?

そうめんといえば私が小学生の時、父の実家の島根に

遊びに行った際、ドーナツのような形の容器にそうめんが

まわっている「そうめん流し」を食べたことがあります。

なかなかお箸でとるのは難しかったですがとても楽しかった

ことを覚えています。

何気なしに「そうめん流し」といつも言っていましたが

実は「そうめん流し」と「流しそうめん」があるということを

音楽療法士の大坪主幹が教えてくれました。

調べてみると

テーブルの周りを流れる人工的水流で食べるのは「そうめん流し」で

竹樋を使った自然水流で食べるのを「流しそうめん」というそうです!

知りませんでした。

「そうめん流し」の発祥は、鹿児島県指宿市の唐船峡で唐船峡の清水は

1日10万トンも湧出するため、昭和37年に観光アピールとしてそうめん流しが

始まったそうです。

「流しそうめん」の発祥の地は、宮崎県の高千穂町で昭和30年生まれで

暑い夏の野良仕事の際に野外でそうめんを茹で、竹と高千穂峡の冷水を利用して涼を

得た光景から、思いついたと言われているそうです。

意外と新しい食べ方だったんですね。

 

セントポーリア愛の郷でも、各フロアで「流しそうめん」(竹を使用しているので)

が行われましたよ。

「流しそうめん」の様子がYouTubeにあがっていますので

よかったらご覧ください。

 

午前中よりご入居者の皆様で、具材を刻んだり錦糸卵をつくったり

されていました。あるフロアでは錦糸卵、ネギに土生姜やみょうなど

でしたが、別の日に音楽療法の誘導をしているとシイタケを炊いている

ようないい匂いが廊下に漂ってきました。

ご入居者の方と「しいたけのいい香りがしていますね。なんだかお腹が

すいてきましたね。」と話していました(笑)

管理栄養士の方に、「今日はしいたけもありますか?」とたずねると

「そうよ。各フロアごとに具材は考えているから違うのよ。」と聞きました。

そうめんの薬味(ねぎ)

そうめんの薬味(錦糸卵)

 

皆さんはそうめんの具のおすすめはありますか?

私の実家は、拡大家族で祖父母と一緒に住んでいたので

夏休みの時など、よく祖母がそうめんをお昼にゆでてくれました。

具材はなんだったかなと考えてみると青じそにきゅうり、トマトもありましたよ!

あとめんつゆ以外の付けダレで祖母が作ってくれた醤油と砂糖と白ごまをすり合わせた

もの?でしょうか、私はそのタレでそうめんを食べるのが一番好きでした。

「そうめん流し」も「流しそうめん」も九州生まれですよね。

実は、祖父母と母も九州の長崎生まれです。

もしかすると、それもあってよくそうめんを食べていたのかもしれませんね。

 

セントポーリア愛の郷では、毎月愛の郷だよりを発刊しています。

令和4年7月1日号のVOL.183の今月のレシピのコーナーでは

前田管理栄養士より「4種の味ソーメン」のレシピが掲載されて

います。よかったらバックナンバーをご覧いただき、いつもと

一味違ったそうめんをお楽しみください。

ご入居者の方の様子やイベントの記事もありますよ。

https://ryokuhokai.com/pdf/202207.pdf

 

先日、敷地内をご入居者とお散歩していると赤のきれいな花が咲いて

いました。

サルスベリ(百日紅)

よくみると木の幹がツルツルで、「あ、これはサルスベリじゃないですか!?」

と話しました。

その数日後たまたまテレビニュースで、サルスベリのことが紹介されていました。

サルスベリの語源は、木登りの上手なサルでもすべり落ちるほど樹皮がなめらか

という例えから「サルスベリ」と名付けられ、100日くらい花が咲く期間が

長いことから百日紅(ヒャクジツコウ)という別名もあると言われて

いるそうです。別名があることは、はじめて知りました!

それを聞いてから、通勤時によく「サルスベリ(百日紅)」をみかけるように

なりました。

赤以外にも、白、ピンク、薄紫などいろんな色の花が咲いている通りがあり、

きれいだなと癒されていました。

意識して毎日みていましたが、確かに「サルスベリ(百日紅)」をみかけるように

なって3ヶ月ほどたっても、きれいに咲いていましたよ。

 

後日、2階のフロアに音楽療法へ行った際、あるご入居者が「ちょっとこっちにきて」と

手招きされ、「どうしましたか?」と側へ行くと窓からみえる「サルスベリ(百日紅)」

を指さして「ほら、見て。赤い花が咲いてるねん。きれいやろ。」と教えてください

ました。自然に囲まれた施設だからこそ、季節折々の草花をみることができるのでは

ないかと思い、ほっこりした気持ちになりました。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに♪

 

セントポーリア愛の郷YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCAPCxCmKRjSiFdsUHlrEohA

施設情報はコチラ→ https://ryokuhokai.com/

採用情報はコチラ→ https://ryokuhokai-rec.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有馬温泉近くの介護施設七夕会での寸劇にあの方が乱入!?

こんにちは。セントポーリア愛の郷の音楽療法士の松永です。

梅雨があけたかと思ったらバケツをひっくり返したような雨が降ってきて

ニュースで冠水している道路もあったとみてびっくりしました。

ようやく晴れた日に敷地内を散歩していると、きれいな白い花がたくさん咲いているのを

みつけました。

ご入居者さんが「あ、くちなしの花やね。」と言われ、『くちなしの花』という

曲がありますが、実際にお花をみたのははじめてで「え、これがあのくちなしの花

なんですね。」と感動しました。

こんなお花です。

くちなしの花

一緒に散歩をしながら「くちなしの花の~♪」と一緒に歌い

「色白の美人さんやったんでしょうか。」と話しました。

のちほど、『くちなしの花』の歌詞がほしいと依頼があり

何枚かコピーしてフロアにいらっしゃる方と一緒に歌いました。

「歌詞の最初の方とかうろ覚えやったから、うれしいわ。ありがとう。」

と笑顔みられました。

私が『くちなしの花』をはじめて聞いたのは父のカラオケでした。

確か父の実家で宴会があった時だったと思います。

調べてみると、1973年の曲でした。

たまたま新聞にもくちなしの花の紹介があったので少し紹介します。

クチナシは、白色の一重、または八重の花を咲かせるそうです。

ん?ではセントポーリアで咲いてるのはどっちかなと調べてみたら

八重でした。

そして一重のお花はこんな感じです。

くちなしの花(一重)一重と八重があることをはじめて知りました。この記事を読んでなかったら

八重がくちなしの花だと認識したまま一重をみても違う花だと思っていたところです。

そしてこのお花はコーヒーと同じアカネ科の植物でコーヒーの木の葉っぱに

似ているとありました。どれどれ

コーヒーの木

こうやってみてみると確かにツルっとした葉っぱの感じが似ています。

そういえば前に神戸にあるUCCコーヒー博物館で、焙煎体験をしたことがあり、

うれしくなってコーヒーの苗を買って帰ったことを思い出しました。

残念ながら枯れてしまったのですが、、、

そしてくちなしの花の匂いはというと

『くちなしの花』の歌詞の中に「旅路のはてまでついてくる」と

あるように甘い芳香が漂います。

散歩の際、「ちょっとこの匂いは好きじゃないわ。」と言われている

ご入居者もいましたよ。ちょっと独特かもしれませんね。

花がしおれた後に実る果実は、口が割れることがないので「口無し」と

名がついたそうです。

この果実に含まれているオレンジ色の色素はクロシンと言われ、

そういえばお正月の栗きんとんを作る時に買ったことがありました!

インスタントラーメンの麺の黄色の着色などにも使われているそうです。

なるほどなるほと。毎回勉強になります。

 

歌詞をのせますので、皆さんもよかったら

久しぶりに歌ってみてくださいね(^^♪

 

『くちなしの花』   歌:渡 哲也

いまでは指輪も まわるほど
やせてやつれた おまえのうわさ
くちなしの花の 花のかおりが
旅路のはてまで ついてくる
くちなしの白い花
おまえのような 花だった

わがままいっては 困らせた
子供みたいな あの日のおまえ
くちなしの雨の 雨の別れが
今でも心を しめつける
くちなしの白い花
おまえのような 花だった

歌詞をみていたら、私はお花に例えたらどんなお花だろうと

思ったりしました。帰ったら主人に聞いてみましょう(笑)

 

さて、7月3日(日)は七夕会の行事がありました。

事務所職員による七夕物語の寸劇を披露し、アドリブも交えたコミカルな

演技が笑いを誘いました。

寸劇の脚本は、嘉⼾事務課課⻑が担当しました。

一見突拍子もない展開かと思いきや実際に演じると成立するという

独特のセンスを持ち、寸劇の脚本担当として定着している嘉戸課長。

今回も浦島太郎が乙姫と間違えて織姫を探しにきたり、離れ離れになった

織姫と彦星がお酒に溺れる場面はなかなかおもしろいですよ。

私は天帝役をさせていただきましたが、6フロアを順番にまわり

回を重ねるごとに織姫と彦星のアドリブがいい味をだしていました。

私もこのセリフの方が面白いかなと楽しみながらさせていただきました。

浦島太郎の釣り竿は、前日にナレーションと歌を担当している音楽療法士の

田邊さんが竹を切ってつくってくれました。

せっかくだからたこ糸をつけて磁石で実際に釣りゲームができるようにしようと、

どんどんアアイデアが湧いてきて、本番は歌にあわせて釣りをするという展開も

実はやりながらうまれたのでした(笑)

 

YouTubeにあげていますので、よかったらご覧ください。

 

なかなか練習する時間がない中でしたが、ご入居者、ご利用者の皆様に喜んでいただこうと

一生懸命がんばりました!!

 

そして番外編もアップされましたのでよかったら笑ってください(^▽^)/

 

実は天帝役の私も織姫と乙姫がごちゃごちゃになってたんです。

自分のことで精いっぱいでしがた、彦星がこんなにも乙姫と呼びかけていたことは

気がついていませんでした(笑)

毎日暑い日が続いてきていますので、こまめな水分補給をとり

共に体調管理に気をつけて参りましょう!

 

来月は、納涼大会の模様をお届けしたいと思います。

新人職員による出し物もありますのでこうご期待ください(^▽^)/

 

セントポーリア愛の郷YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCAPCxCmKRjSiFdsUHlrEohA

施設情報はコチラ→ https://ryokuhokai.com/

採用情報はコチラ→ https://ryokuhokai-rec.com/

 

 

 

 

ネット配信動画研修を導入しました

コロナウィルスの勢いが再び強まり、生活や働き方のスタイルを変えなければならない時期に差し掛かっています。そんな中、セントポーリア愛の郷では「ネット配信動画研修」を導入しました❗

外部の研修等は軒並み中止になっている状況、尚且つ施設ではご家族の面会制限やボランティア受け入れが中止になる等、今後より一層職員が自ら行動し、ご入居者の生活をより良くしていく必要があります。

動画研修導入により、研修会場までの移動時間や交通費の削減にも繋がり、より効率よく自分の学びたい事を学ぶ事のできる環境が整いました❗

セントポーリア愛の郷では一緒に働く仲間を募集しています👴詳しくはコチラ→https://ryokuhokai-rec.com/

職場体験会開催(令和2年 8月納涼大会のご案内)

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は8月のイベント「納涼大会」での職場体験会の案内です。就職活動中の学生の皆さん、この機会に是非足を運んでみませんか?

なお一般の方もお申込みいただけますが、案内の内容が少し異なりますので、お申込み時別途ご説明いたします。

ご都合宜しければ是非ご参加ください。皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。詳細は下記リンクをご参照ください。

職場体験会 令和2年8月納涼大会のご案内(新卒学生向け)

 

テラスでのティータイムコンサート【神戸市北区隣接 特養】

本日、音楽療法士によるティータイムコンサートがテラスにて開催されました。日差しは強かったですが、心地よい風が吹き、影はとても過ごしやすい気候でした☺️

「アロハ・オエ」「島唄」等の演奏を聴きながら、皆さんお好みの飲み物、お菓子を楽しまれていましたよ😊